質問は随時に受け付ける

理解してもらうために質問を受け付けましょう

平均的な能力の底上げを図りたいと考えている場合は、社員教育として研修を取り入れましょう。現場の仕事で学べることは多いですが、社員研修の中でも実務で活かせる知識や技術を勉強できます。社内の人材に講師を担当してもらえば費用はかかりませんが、外部の講師を招けば社員の注目度は高くなるので、講師は社内と外部を上手く使い分けるのがコツです。また、社員研修を実施している際は、理解してもらうために随時に質問を受け付けましょう。後でまとめて質問を受ける時間を作るやり方もありますが、これでは理解していないまま話が進んでしまい、取り残される社員が多くなる可能性があるからです。随時質問可能な環境にしておけば、多くの参加者が理解している状況にできます。

質問しやすい環境を作ることが大事

社員教育の一環で行う研修をスタートさせる前に随時質問を受け付けしているという旨を伝えておけば、気にせず質問してもらえるようになります。ただ、1つ目の質問をされるまでに時間がかかってしまう可能性があるので、最初は社員に対して質問があるかどうか聞くことをおすすめします。そうすれば、社員は質問しやすい環境になるため、少しずつ講師の方から質問があるかどうかを聞かなくても社員の方から色々と尋ねてくるでしょう。ただ、講師の方から質問の有無を聞くということで、最低でも数人分の社員の名前を覚えておく必要があります。研修を開催する準備の段階で、参加する社員の氏名や担当業務などをリストにまとめておけば、講師は社員に質問を聞きやすくなります。