研修後のフォローアップも重要

研修の習熟度を見極めよう

知識や能力を向上させる目的で社員研修を実施することは、会社の規模を大きくするうえで大切です。ただ、研修を実施すれば良いという考え方ではなく、しっかりとフォローアップすることも重要です。せっかくお金と時間をかけて開催したとしても、身に付いていなければ意味がなくなってしまうので、まずは研修の習熟度を見極める必要があります。どれくらい身に付いたのかを理解できれば、足りないことがわかるようになり、今後の社員教育に活かせるでしょう。研修の習熟度を見極めるための方法は、社員に報告書を提出してもらう方法をおすすめします。研修にてわかったことや学んだこと、足りないことなどを報告書にまとめて提出してもらい、確認すれば習熟度を判断できます。

研修後の仕事振りを確認する

研修後のフォローアップとして、仕事振りを確認することも効果的です。社員研修に参加する前と後で仕事振りを比較すれば、参加した効果を判断しやすくなります。営業であれば、成績が良くなれば社員研修の効果だとわかるのに対し、事務はわかり辛い面はあるでしょう。ただ、事務の場合は仕事の正確性だったり、完了するまでのスピードだったりなどで研修の効果を判断可能です。ベストなのは参加した全員にプラスの変化が起こることです。しかし、中には参加する前と同じ状況だったり、イマイチな方に変化したりというケースもあり得ます。研修の成果が見られない社員に対しては、原因をはっきりさせることが大事なので仕事振りを注意深くチェックしたり、本人と面談する機会を設けたりしましょう。