近年増えているのがインターネットを活用して実施する方法

eラーニングを導入して社員教育を実施する

インターネットを活用して社員教育を行う方法として、eラーニングというものがあります。eラーニングを用いることでモチベーションや意識を向上させたり、知識やスキルを習得させることが出来ます。
eラーニングには受講可能な人数が決まっているので、まずはeラーニングを受講する人数を把握する必要があります。その人数に応じてプランを変更したり、オプションを合わせたりします。
以前のeラーニングはパソコンを用いるのが一般的でしたが、最近ではスマホやタブレットを用いるものが増えてきました。それは、通勤時間を活用したり外出中に行うのを視野に入れているからです。よって、受講者が行うであろうeラーニングの活用シーンに合わせた教材であることが、習得率の向上に繋がります。

eラーニングの効果的な活用方法

社員研修で集合研修を行う場合は、その前にeラーニングを実施することで事前に知識や理論を習得させられます。eラーニングの後で集合研修をやることで、eラーニングで得られた知識をすぐに実践的な研修へと活用出来ます。
逆に集合研修の後にeラーニングを行うと、集合研修終了後の確認に繋げられます。集合研修の後にアンケートを取る場合がありますが、アンケートだけではどれ位効果のある研修だったのかがわかりません。しかし、集合研修後のeラーニングで確認テストなどを行えば、どれ位研修内容が身についたのかを「見える化」することが出来ます。
さらに集合研修の前後にeラーニングを挟むことで、事前知識の習得と実践的な研修、集合研修で得た知識やスキルの定着まで繋げられます。