外注して実施する方法

ニーズに合う研修のスタイルを選ぶことができる

社員教育を外注して実施する方法は、年齢別や階層別などニーズに合う研修のスタイルを選びやすいというメリットがあります。たとえば、社員教育のノウハウのある研修会社に一貫してサポートをお願いすることで、新人社員や中途社員、管理職など様々な立場の従業員を対象に、段階的な研修を行うことが可能です。最近では、従業員の主体性やコミュニケーションスキルを高めるため、社員教育の一環としてグループワークを積極的に導入している企業が多くあります。そうした中、早めに同業他社の研修の実施状況などを参考にしながら、経験豊富な研修担当者のいる会社を選ぶことで、一人ひとりの従業員の能力や性格などに応じて理想的な研修を行えます。

実務に直結した教育の機会を設けることもできる

プロの研修会社に社員教育を任せる場合には、従業員の職種に応じてビジネスマナーや営業トーク、PCスキルなど実務に直結した教育を行うことができます。特に、従業員のキャリアアップの支援をするうえで、複数の研修会社が得意とする研修のテーマなどの大事なポイントを時間を掛けて比較しましょう。また、社員教育を通じて日々の業務に関する資格を取得させるには、研修会社の担当者と入念に打ち合わせをして、様々な分野の資格試験の受験指導に定評のある講師の手配をする必要があります。なお、社員教育の外注に掛かる費用については、研修の期間やテーマ、講師のキャリアによって異なるため、早めにメールやFAXで見積もりを出してもらいましょう。

新人研修では、新入社員に社会人としてのマナーやスキルを身に付けてもらうために一から指導を行っていきます。